• karoshi

    death from overwork

  • fatigue

    work too hard

  • illness

    because of overworking

働き過ぎが及ぼす影響とは

    仕事が忙しく毎日残業をしてしまう方や、頑張ってたくさんの仕事を抱えてしまう人など、 大変でも弱音を吐かずに働き過ぎてしまう人も多いのではないでしょうか。
    しかし、働き過ぎは身体にも心にも良くありません。どのような影響が出るのでしょうか。

    働き過ぎの人は、特に真面目で責任感が強い人が多いのです。頑張りすぎるとストレスや仕事の期日などにプレッシャーを感じ、 徐々に疲労がたまったりやる気が持続しないなどの症状が出てくることがあります。ひどい人はうつ状態になってしまう場合もあります。 身体や心に影響が出てしまうほど働くのは良くありません。

    他の人を頼り、できないことは任せたりして仕事の負担を減らし、休日はしっかりと身体を休めたり趣味に時間を使い、 リラックスするようにしてみると、気持ちも楽になってきます。

    仕事が忙しくつい働き過ぎてしまっても、心身を休める状態を作ることで身体への影響も軽減できます。 働くことと休むこと、オンオフのバランスを保つことが大切なのです。
働き過ぎにご注意

過度の残業など働き過ぎは健康に影響を与える

    日本人は勤勉な国民性を持っていると言われています。高度経済成長の頃から、 その勤勉さによって、世界でも有数の経済大国へと発展することができました。 しかし、昨今では、労働者を取り巻く仕事環境は、働き過ぎとの声も上がっています。

    こうした働き過ぎの状況は、時として様々な病気などの原因となります。 特によく言われるのが夜遅くまでの残業で、こうした生活サイクルを送ることによって、 体内時計が乱れたり、体をリラックスさせることが出来ずに不眠症などの睡眠障害を引き起こします。

    また、働き過ぎと言われる人の中には、その責任感から残業も進んで行い、 そうしたプレッシャーやストレスからうつなどの精神疾患を患う事も少なくありません。

    またこれ以外にも、労働時間を優先することから不規則な生活を送りやすくなり、 食生活も偏りや不定期な食事が多くなることで、肥満や糖尿病といった症状を引き起こすケースもあります。 こうした症状や病気を防ぐためには、働き過ぎと言われる環境を見直す必要があります。
働き過ぎにご注意